熱式質量ガス計量:長年の実績、未来につなぐ証明

図1:熱式質量測定の原理。ヒーターと2つの温度センサーを1つのシリコンチップに集積化されています。ガスが流れると、ヒーター周辺の熱分布が変化します。2つの温度 センサーで検出される温度差は、ガスの流量に比例します。

図2:NMiがMeteRSit製の産業用メーター(市場で使用された製品)のテストの様子
図3:EGZ G4の35台のメーターで測定したQminとQmaxの流量誤差(aは天然ガス、bは空気)。青と赤の破線は、OIML R137で定められた最大許容誤差を表しています。新品のメーター(青)はMPEの1倍、市場から回収したメーター(赤)はMPEの2倍
図4:MEMS AG社が実施した調査で使用したEGZ G4メーター

図5:新たな注入ポイントや天然ガスと混合した再生可能ガスにより、ガスの配管は複雑化すると予想されます。

Related sensors