接続式薬物送付用のスマート吸入器の流量測定

図1:標準リットル/分(l/分)での較正された流量と秒(s)での吸入時間の関係を示す吸入流量プロファイル。
図2:薬物が最適なタイミング幅で放出されたとき(左側)と薬物の放出が遅すぎたとき(右側)の薬物沈着の概略図。
図3:図吸入気流特性から導出されたパラメーター:吸気肺活量(IVC)およびピーク吸気流量(PIF)。
図4:ピーク吸気気流(PIF)に加えて、気道抵抗(RAW)は、十分に高い時間分解能と流量分解能で記録、校正された吸入気流特性があると決定できます。
図5:流量対吸入量の基本肺活量計プロット。吸気肺活量(IVC)は、吸入の終了時に流量がゼロに戻るときの総吸入量です。
図6:ピーク吸気気流(PIF)、ピーク吸気肺活量(IVC)、および気道抵抗(RAW)を経時的に監視し、医療専門家と患者に貴重なフィードバックを提供。
図7:センシリオン製フローセンサー「SDP3x」を含む3Dプリントされた吸入器クリップオンを示している側面図(左)と吸入器の遮るもののない流路を示している上面図(右)。

Related sensors