SHT35-DIS-B

±1.5%(0-80%RH)デジタル温湿度センサー

仕様

湿度
タイプ:相対湿度精度
1.5
%RH
作業相対湿度範囲
0 - 100
%RH
反応時間 (τ63%)
8
s
保護オプション
保護カバー
調整証明書
工場調整
温度
タイプ:温度精度
0.1
°C
作業温度範囲
-40 - 125
°C
反応時間 (τ63%)
> 2
s
ジェネリック
供給電圧
2.4 - 5.5
V
平均供給電流
1.7
μA
最大供給電流
1500
μA
インターフェース
I²C
パッケージサイズ(LxWxH)
2.5 x 2.5 x 0.9
mm³
包装サイズ
2500, 10000
pcs(T&R)

テクニカルダウンロード

名前
タイプ
日付
ファイル
サイズ
Datasheet SHT3x-DIS
データシート
02/2019
PDF
919.8 KB
Thermal resistance parameters SHT3x
アプリケーションノート
04/2021
PDF
143.7 KB
Sample code SHT3x
ソフトウェア
10/2021
ZIP
410.1 KB
STEP file SHT3x
CAD
10/2021
ZIP
37.7 KB
Calibration certification SHT
証明書
08/2021
PDF
110.4 KB
Conditions of thermal comfort
アプリケーションノート
02/2010
PDF
63.0 KB
ESD, Latch-up and EMC
アプリケーションノート
03/2009
PDF
148.9 KB
How to understand specification of relative humidity sensors
アプリケーションノート
04/2021
PDF
306.8 KB
Humidity at a glance
アプリケーションノート
06/2021
PDF
178.3 KB
Introduction to humidity
アプリケーションノート
08/2009
PDF
224.9 KB
Design-in guide SHT/STS
ユーザーガイド
05/2019
PDF
458.7 KB
Handling instructions SHT
ユーザーガイド
06/2021
PDF
313.4 KB
REACH and RoHS declaration SHT/STS
証明書
07/2022
PDF
93.7 KB
Humidity sensors brochure
フライヤー
01/2022
PDF
936.7 KB
Indoor air quality brochure
フライヤー
10/2021
PDF
7.7 MB

このセンサーを評価するには、次の製品を購入してください

デジタル温湿度センサー「SHT3x」シリーズは、当社の次世代センサー技術を導入した新シリーズのセンサーです。当社「SHT2x」シリーズの後継として、湿度測定の次世代業界標準に位置付けられています。本シリーズは、3タイプの測定精度ランクで構成されています(ローコスト版の「SHT30」、標準版の「SHT31」およびハイエンド版の「SHT35」)。各製品ともに、動作電圧範囲が2.15~5.5Vですので様々なアプリケーションに対応可能です。また、複数の高度な機能および各種インターフェース(I2Cおよび電圧比例等)も共通的に備えているので、調達量が多い用途と少ない用途のいずれにも適しています。

当社のCMOSens®チップとして温湿度センサー「SHT3x」シリーズが搭載しているものは、最適化を徹底的に施し、信頼性と測定精度を向上させた完全新型チップです。信号処理能力も強化させ、ユーザーが選択可能な2つの固有I²Cアドレス、相対湿度と温度のプログラム設定値に応じて出力するアラート信号および最大1MHzまで対応可能な通信速度等、各種機能も新たに増えました。

外形はDFNパッケージで実装面積は2.5 x 2.5 mm2、高さは0.9 mmに過ぎないので、本シリーズは様々なアプリケーションに実装可能です。加えて、電源電圧範囲が2.15~5.5Vとワイドで、様々な信号インターフェースが利用可能なことから、多種多様な回路的接続要求にも対応可能です。以上のことから「SHT3x」シリーズは、湿度センサー業界をリーディングしている当社が15年間にわたって蓄積した知見を惜しみなく投入して製品化した温湿度センサーです。

最新の湿度センサー

アプリケーション用のスマートセンサー

センシリオンのセンサーソリューションは、幅広いアプリケーションと市場で使用されています。当社の信頼性の高い環境センサーとフローセンサーは、エネルギー効率を改善し、健康を増進し、安全性と快適性を確保します。