マルチガスの未来に備える

水素やバイオメタンなどの再生可能ガスを測定する際は、精度、安全性、信頼性、コストが大きな課題となります。Sensirionの各種ソリューションはあらゆるガス混合物に適合し、天然ガスメーターと同等にコンパクトなため、現場での再設定は必要ありません。

センシリオンがソリューションにどのように貢献しているかをご覧ください。

MID対応

EN14236およびOIMLR137に準拠しNMiによって発行された評価証明書。熱ガスメーターに関する今後のEN17526規格への準拠。

確立されたテクノロジー

現場の6百万個以上のメーター、数十億時間の信頼性の高い計測、独立研究機関による10年間の実地試験によって、その実力が証明されています。

認定コストの低減

EN 14236およびOIML R 137(EN 17526保留中)に準拠したセンサー評価認定によって、メーター認定コストを30%削減できます。

天然ガスおよび水素対応

天然ガスタイプH、L、E、水素混合物、純水素、バイオメタンなどあらゆる混合ガスに対応して未来を見据えています。

ガス内の水素比率を明確に

このモジュールでは、混合ガス内の水素比率を判定できます。この情報はグリッド監視目的で使用され、環境意識の高い消費者と共有され、ネットワーク対応の家庭用器具に使用されます。

点検コストゼロ

オフセットおよびセンサードリフトがないため、メーターの再調整は不要です。可動部品がなく、摩耗やキズがつきません。

バッテリーコストの削減

年間105 mAh未満という超低消費電力によって実現しています。

コンパクトなメーターで流通コストの低減

サイズが非常にコンパクトで可動部品がないため実現しています。メーターサイズが水素含有量で変わることはありません。

不正対策でスマートに

不正行為検出、自己診断、グリッド分析などのスマート機能に対応しています。

ボリュームコンバーター不要

センサーは、標準的な温度および圧力(標準m3/h)を基準とするボリュームフローを出力します。

コスト競争

合理的な設計、大量生産、半導体チップでのハイレベルな統合によって実現しています。

漏れ検出

超低流量に対する感度およびセンサーの絶対的な圧力値に対応しており、メーターには漏れ検出機能が搭載されています。

エネルギー計測のトレンド

これが、将来的に実装される天然ガスエネルギー含有量監視の基礎を形作っています。現在でも、センサーでガスの発熱量を推定できます。

関連センサー

トレンドトピック

水素からのエネルギー

現在の世界のトレンドは、気候の中立、サステナビリティ、そしてCO₂排出量の削減です。エネルギー産業はCO₂の排出に大きく関わっているため、結果として、この業界における脱炭素化への取り組みが重要な役割を果たします。現在、有望視されている戦略は、バイオガスや持続可能な方法で製造された水素ガスなどの再生可能ガスを利用すること、あるいは、再生可能ガスを天然ガスと混合して使用することです。

スペシャリスト記事

熱式質量測定の原理: 最適なH2対応ガスメーターの 選択

執筆者: Sensirion AG, Michele Monitaro(工業市場担当キーアカウントマネージャー) Moritz Mattmann(Sensirionガス計量製品マネージャー)
スペシャリスト記事

熱式質量ガス計量:長年の実績、未来につなぐ証明

Konrad Domanski(Sensirion AG ガスフローシステム製品マネージャー)
ウェビナー

Sensirionとともに水素に備える

Michele Montinaro(スマートエネルギー担当マーケットマネージャー)

NMiにおいて、様々なサイズの19個の熱質量ガスメーターが調査されました。 それらは、5〜7年間フィールドで運用されていた2,749ものメーターの中からランダムに抽出されたものです。結果、全てが仕様範囲内で動作しており、そのほとんどが新品のメーターと同じくらい正確に測定されていました。

応用センシングソリューション

スマートエネルギー

水素ボイラー用に燃焼を最適化