エネルギー計測

天然ガスが水素とバイオメタンへと徐々に置き換わるガス計測の未来

天然ガスの消費者がエネルギー使用量に対してどのように過剰請求される可能性があるでしょうか。

グリッドにバイオメタンと水素を導入すると、ガス注入が分散化され、ガス発熱量の変動が大きくなります。最近の調査によると、バイオメタン注入ポイントに近いユーザーは、受け取るガスの発熱量が低いため、消費量に対してすでに最大6%の過大請求を受けています。

ウェビナー

熱式質量ガス計量:長年の実績、未来につなぐ証明

Konrad Domanski(ガスフロー装置プロダクトマネージャー)

ウェビナー

Sensirionとともに水素に備える

Michele Montinaro(スマートエネルギー担当マーケットマネージャー)

ガス組成のモニタリング センサーソリューション

portfolio.Active

SGM6300

  • センサー
今後の

SGM6400

  • センサー
portfolio.Active

SDP800-125Pa

  • センサー
portfolio.Active

SDP800-500Pa

  • センサー
QMicro by Sensirion

DynamiQ-X

コンパクトなEx認定プロセスGCアナライザー超小型のガスクロマトグラフ計器は、工業プロセスや工場オートメーション用途における継続的な混合ガスの監視用に設計されています。