ニュースルーム

2021/04/15, プレスリリース

大気質保証を自動化するために環境センサーを使用する

テーガーヴィレンにあるs-peers AGは、チューリッヒのセンサーエキスパートであるSensirionの支援を受けて革新的なコンセプトを開発し、大気質データを保存、分析、予測しています。

大気質とそれに応じた定期的な換気は、COVID-19パンデミックの時代において非常に重要視されています。微小な飛沫(エアロゾルとも呼ばれる)は、咳やくしゃみをするときだけでなく、通常の呼吸や会話時にも放出されます。こうしたエアロゾルにはウイルスが含まれています。そのため、高頻度かつ効果的な換気がこれまで以上に重要になります。新鮮な空気が多いほど、密閉された部屋でウイルスが発生する可能性のある呼気が少なくなります。また、大気質を最適な状態を保つと、集中力が高まり、疲労、頭痛、またはパフォーマンスの低下を防ぎます。s-peersのコンセプトとSensirionの業界をリードする環境センサーの使用により、大気質の自動監視と制御が可能になります。測定値が臨界しきい値を超えると、システムは信号を送信し、たとえば窓を開くように推奨します。これにより、換気を忘れたり、遅れたりすることがなくなります。さらに、大気質が文書化され、より健康的な作業環境づくりを確実に行うことができます。

センサーデータのおかげで、部屋がいつ占有され、何人が入室し、いつ換気または部屋を出る必要があるかについての予測を計算することができます。この予測は、学校、イベント、図書館、または間仕切りのないオフィスに特に関係があります。

屋内で影響するものは屋外でも影響する: WHOは、大気汚染、特に高濃度の粒子状物質を、喫煙と同様に、最大の健康リスクの1つと認定しています。したがって、企業や都市が外気データも測定することは非常に重要です。信頼性が高く費用効果の高いセンサーを使えば、空気の質が低下したときに即座にフィードバックが得られます。自社生産設備を持つ企業にとって、環境汚染につながる可能性のあるプロセスエラーを早期に発見することは非常に大切です。また、現場作業員の安全性を高めることもできます。SensirionのNubo Airなどのセンサーソリューションは、すでに都市の中心部で使用されています。Nubo Airは、大気汚染のリアルタイム監視を可能にします。このデータを測定、保存、分析することで、ポリシー策定者は、信号機をインテリジェントに制御して最適な意思決定を行ったり、市民の空気質を最適化したりするための適切なデータを得ることができます。

メディアのダウンロード

すべてのSensirion高解像度製品画像は、当社のブランドハブで入手できます。

最新の更新