ニュースルーム

2021/03/05, プレスリリース

医薬品や生鮮食品の輸送用センサー

新しい校正済みおよびISO 17025認定の温湿度センサーを発表します。これらのセンサーにより、顧客は、医薬品、ワクチン、生鮮食品向けのコスト効率の高いGDP準拠のサプライチェーン監視を実現できます

医薬品や生鮮食品などの製品には厳しい規制が掛けられ、通常は、一部の指令に準拠するために、流通チェーンに沿って特別な取り扱いが必要です。メーカー各社には品質管理システム全体で流通をカバーする義務があり、適正流通基準に準拠するよう継続して適応していく必要があります。最も規制されているパラメータの1つは、製品の寿命だけでなくユーザービリティも決定する温度です。複雑な最新のロジスティクスネットワーク内でも信頼性の高い温度監視を実現するために、信用に足るデータロガーが必要です。このデータロガーは、認定ラボ(ISO 17025)からの認証によってのみ承認されます(EN 12830などの規制により推進されている)。今日、ロガーには複数の電子部品が装備されており、多くの場合、アナログ温度センサーが装備されているため、デバイス全体で認定校正が必要になります。時間と費用のかかる手順は、次世代の温度検知戦略を使用すれば回避できます。

STS32およびSTS33はSensirionの新型高精度デジタル温度センサーでISO 17025の認定を受けており、コールドチェーンおよび冷凍チェーンのアプリケーションに最適です。どちらも業界で実証済みのCMOSens®技術を採用しており、先代機と比較して計算能力、信頼性、精度の仕様が向上しています。高度な信号処理、ユーザーが選択できる2つの異なるI²Cアドレス、最大1 MHzの速度での通信といった機能も備わっています。DFNパッケージのフットプリントは2.5 x 2.5 mm²、高さ0.9 mmです。STS32やSTS33はいずれも固有のシリアル番号で識別でき、ISO 17025認定校正証明書も付属しています。校正証明書は、−30°C、5°C、70°Cの3つの温度から成ります。認定温度センサーに加えて、SensirionはSHT33温湿度センサーを認定センサーファミリーの新たなフラッグシップとして導入しています。SHT33は、実績のあるSHT3xシリーズに基づいており、最高の精度と品質基準を1つのチップでISO 17025認定の温度検知と組み合わせて提供します。

「世界で初めてISO 17025認定を受けた半導体企業である当社は、GDP準拠のデータロギング用の既存の価値基準を打ち砕くような先進のセンサーソリューションを顧客に提供することができます」Sensirionの湿度センサーの製品マネージャーであるMatthias Scharfeは述べています。 STS32、STS33とSHT33の校正証明書と校正データは、出荷書類に記載のサーバーアドレスからダウンロードでき、自動化システムで効率的に処理できます。また、STS32のユーザーはセンサーハードウェアを製品に組み込むだけではなく、提供されたセンサーの校正データを、データロガーに必要な校正情報とマージできるようになります。このアプローチによって、通常は費用と時間がかかる組み立て済み機器の校正が、事前校正済みのデジタル温度センサーを代用して完全に対応できるため、製造プロセスを大幅に簡略化しつつ、医薬品産業や医療産業の厳しい品質要件を満たすことができます。

メディアのダウンロード

すべてのSensirion高解像度製品画像は、当社のブランドハブで入手できます。

最新の更新