ニュースルーム

2020/06/05, ニュース

公式パートナーとして40to60RH嘆願に協力

建物内の相対湿度が中程度であれば、健康に大きなメリットがあるという強い科学的証拠があります。したがって、室内空気質の規制に40~60%RHの湿度レベルを含める時期が来ています。

嘆願書の内容 相対湿度40~60%が呼吸器免疫器官に最適なレベルであり、季節性呼吸器疾患の蔓延と社会への負担を軽減できることが証明されています。Stephanie Taylor博士は、世界保健機関に湿度と健康に関する科学的証拠を検討するよう呼びかけ、呼吸器感染症を減らすために公共の建物の室内湿度の最小下限を設定することを推奨しています。

Sensirionがこの嘆願を支持する理由 Sensirionは湿度センシング市場のリーダーであり、デジタル温湿度センサーの提供において20年以上の実績があります。当社の温湿度センサーは、クラス最高の性能、高い信頼性、および技術的リーダーシップにより、市場標準としての立ち位置を確立しています。SHT1xは最初のデジタル式、校正済み、リフローはんだ付け可能な湿度センサー(2001年発売)であり、 湿度センサーの新しいカテゴリーの始まりを示しました。

当嘆願書で引用されている科学的背景は、多くの医療および建築技術の顧客や研究パートナーと協力した経験を反映しています。建物内の制御された湿度レベルについては、私たちは1日の大半を屋内で過ごすため、日々の健康に非常に関連しています。現在のパンデミックは、この嘆願の関連性を強調するものであるとSensirionは信じています。したがって、当社は、世界保健機関の注目を集めるために、この嘆願書を支持することをすべての人に奨励します。

嘆願を支持し、40to60のWebサイトでぜひその内容を調べてください。また、湿度センシングに興味がある方は、当社のWebサイトの対応するページにアクセスしてください。

メディアのダウンロード

すべてのSensirion高解像度製品画像は、当社のブランドハブで入手できます。

最新の更新