ニュースルーム

2021/05/21, プレスリリース

「Great Place to Work®」に2021年も再選出

Great Place to Work®が、「大企業」カテゴリでスイスのトップ雇用者に当社を再び選定しました。Sensirionはまた、COVID-19パンデミックの際に勇気あるリーダーシップを示したこと対して特別危機管理賞を受賞しました。

今年もこれら2つの賞を受賞したことで、「チームワーク」、「最高のパフォーマンス」、「公正さと誠実さ」という価値観によって形作られるSensirionのユニークな企業文化が一般に認知されました。

Sensirionは、20年間のサクセスストーリーの中で、ETH Zurichのスタートアップ企業からセンサーソリューションのグローバルマーケットリーダーにまで成長する過程でも、一貫して優れた職場づくりに取り組んできました。当社は、イノベーション、独自の企業文化、ダイナミックなスタートアップ精神という他にはない組み合わせが評価されています。SensirionがGreat Place to Work®の授賞式に参加したのは今年で3年目であり、トップ3にランクインしたのは3年目です。この調査に参加すること、そしてその結果を確認していくことで、Sensirionの職場文化の継続的な発展に対する貴重な洞察が得られます。

「私たちは優秀な雇用主になりたいと思っています。この目標を達成するための努力が従業員の皆さんに認められ、評価されていることを嬉しく思います」と人事担当バイスプレジデントのHeiko Lambachは述べています。

Great Place to Work®は、特別に開発された質問と基準のカタログを使用することで参加企業を評価し、信頼度、公平性、チームスピリット、専門能力開発などの優れた雇用主の重要な資質をどの程度持っているかを判断します。世界で活躍する センサーメーカーである当社の従業員は、グローバルな一体感、イノベーションと創造性の範囲、オープンで透明性のあるコミュニケーション、経営陣と経営幹部のスキルと信頼性を特に高く評価しています。また、Sensirionで働くことを誇りに思っており、自分たちが会社の継続的な成功に重要な貢献をしていると確信しています。

「今年も肯定的な結果を出せたことを嬉しく思います」SensirionのCEOであるMarc von Waldkirchは、次のように述べています。「Sensirionのサクセスストーリーを支えてくれているのは従業員の皆さんです。共に『SensiSpirit』と呼べるカルチャーを作り上げていきます」

「従業員の会社に対する強いアイデンティティと優れた部門間のコラボレーションが、この危機の年にあっても再証明されました。だからこそ、コロナウイルス危機における最高の管理に対して特別賞を受賞したことを特に誇りに思っています」とHeiko Lambachは付け加えます。

メディアのダウンロード

すべてのSensirion高解像度製品画像は、当社のブランドハブで入手できます。

最新の更新