ニュースルーム

2021/11/18, プレスリリース

持続可能な未来に向けて強化された実績のあるガスメーターモジュール

「SGM64xx」は、純水素、水素混合ガス、バイオメタン、天然ガスタイプH、L、Eを含むあらゆる混合ガスを測定できる市場初のガス計量モジュールです。

したがって、天然ガスが徐々にまたは完全に水素で置き換わる場合に、「SGM64xx」製品ラインを備えたメーターでは、メーターを交換したりファームウェアを更新したりする必要はありません。使用中のメーターのほんの一部だけを交換する場合でも、マルチガス対応メーターの設置より大幅にコストがかかるため、公共設備企業は安心して将来のコストを大幅に削減できます。

カーボンニュートラル、持続可能性、CO2排出量の削減は、エネルギー分野における世界的な主要トレンドです。当社の現行のガスインフラは、再生可能ガスの到着に備えておく必要があります。一例として、2025年以降イギリスに設置されるすべてのガスボイラーは、純水素に対応していなければなりません。この直後に、ガスメーターについても同様の要件が求められることになるでしょう。「SGM64xx」なら、メーターが今後の流れに対する準備ができます。

「SGM64xx」は実績と信頼性のある「SGM63xx」プラットフォームに基づいており、測定機能が純水素まで拡張されてレベルアップしています。これは拡張校正手順によって実現されており、製品の機械的、電気的、ソフトウェア面のインターフェースに変更をもたらすものではありません。さらに、「SGM64xx」でサポートされる水素流量範囲は天然ガスの3倍と大きくなっており、水素含有量にかかわらずコンパクトなメーターサイズを保証します。

熱式質量モジュールを組み込んだガスメーターは、持続可能な未来への移行に最適です。センシリオンのガスメーターモジュールは、超低消費電力レベルで優れた測定性能と堅牢性を備えています。そのため、G1.6~G25の流量範囲に対応する住居および産業アプリケーションに適しています。

長期実績のある技術 熱式質量技術は、600万台超のメーターの現場投入および何十億時間に及ぶ信頼性の高い計測といった長年にわたる実績があります。第三者による2つの研究でも、厳しい環境下の使用においても、この技術の長期的な信頼性が確認されています。これらの研究では、10年超をかけて現場投入したガスメーターを調査しました。すべてのメーターが現場動作で設定された精度制限内で適切に動作し、ほとんどのメーターが新しいガスメーターに課された要件を満たしていました。さらに、センシリオンのガスメーターモジュールは、EN 14236およびOIML R 137の規格で認証されており、その過程でEN 17526認証にも対応しています。評価証明書があれば、ガスメーターメーカーのMID承認を容易に進めることができます。

センシリオンのソリューションで、マルチガスの未来に向けたエネルギー転換を導きます。

関連ダウンロード

メディアのダウンロード

すべてのSensirion高解像度製品画像は、当社のブランドハブで入手できます。

最新の更新