ニュースルーム

2022/08/17, プレスリリース

オンライン天然ガス分析用の新しいガスクロマトグラフ

新型ガス分析器DynamiQ-X NG2210は、天然ガスの高速かつ正確なオンラインモニタリング機能を備え、組成制御と課金を目的とした発熱量を測定します。もう片方のDynamiQ-X NG2220は、20%の水素濃度を含む天然ガスについて同様の分析を1つのキャリアガスのみを使用して実行します。

無限の可能性 - 超コンパクト設計

DynamiQ-X NG2210とDynamiQ-X NG2220は、天然ガスのシティゲートステーション、注入ステーション、天然ガス調整ステーション、オフショアシステム、パワートゥガスシステムなど、天然ガスインフラストラクチャの多くの場所で活用できます。容量わずか10L、重さ15kg未満の装置は持ち運びが簡単で、電源とガス容器があればどこにでも配置して分析できます。

高速かつ正確なガス分析器

この分析器は、2つまたは3つのガスクロマトグラフ (GC) ユニットを並行して動作させることができ、それぞれが個別に最適化された条件下で様々なGC分析を実行します。各GCユニットには、最先端のマイクロチップベースのインジェクターと、実証済みのマイクロボアGCカラムと組み合わせた熱伝導率検出器 (TCD) が内蔵されており、最適なクロマトグラフィー条件が設定されています。この構成により、精度が高く、1分未満の非常に短い分析時間を実現します。

スタンドアロンかつ維持が容易

DynamiQ-Xは、持続可能なモニタリングを実行できるように、将来的なプラットフォームでも動作可能なプロセッサを内蔵するスタンドアロン分析器として設計されています。機器には、簡単に交換できるGCカートリッジが搭載されており、迅速なローカルメンテナンスが可能です。さらに、ネットワーク接続を経由して任意の場所でPCを分析器に接続できます。  

ガス産業のサステナブルな未来 

サステナビリティとエネルギー移行の促進は、今日、世界中で注目されております。これを受けてQmicro by SensirionはDynamiQ-X NG2210および NG2220を開発しました。ガス分析能力を高め、グリーンガスを包含し、ガス販売業者の総所有コストを最小限に抑える製品です。機器はデータを少なくとも2年間保存できるので、法律への準拠も容易になり、長期的な傾向の観察が可能になります。

両製品は8月22日から26日までフランクフルトで開催されるACHEMAで展示されます。ブースにお越しいただき、新しい分析器のエキサイティングな機能をご覧ください!

関連ダウンロード

メディアのダウンロード

すべてのSensirion高解像度製品画像は、当社のブランドハブで入手できます。

最新の更新