ニュースルーム

2021/02/18, プレスリリース

ホルムアルデヒド検知が容易に

新しいホルムアルデヒドセンサーモジュールSFA30を発表します。センサーソリューションの独自構成により、室内空気浄化、換気システム、および室内の空気質モニターに重点を置いた家電市場に理想的です。

ホルムアルデヒドは、通常は家具、建築材料、塗料、コー ティング剤からゆっくりと継続的に放出されます。「シックハウス症候群」などの症状を引き起こすのは、有害で発がん性を有するガスです。不十分な換気と屋内の化学汚染物質によって引き起こされる「シックハウス症候群」は、急性の不快感、頭痛、目、鼻、喉の炎症、めまい、吐き気、集中力の低下、倦怠感、匂いに敏感になるなど、建物の居住者にさまざまな症状を引き起こす可能性があります。ホルムアルデヒドは、非常に低濃度でも人体に影響することが知られている背景ガスです。例えば、世界保健機関(WHO)は、ホルムアルデヒドに対して30分平均で80 ppbの曝露に関する室内空気質ガイドラインを設立しました。

Sensirionの環境センサーポートフォリオに加えて、新しいSFA30ホルムアルデヒドセンサーモジュールは、アンペロメトリック(電流測定の)電気化学動作原理を基礎にしています。他のVOCに対する超低度の交差感受性によって可能になる、比類のないホルムアルデヒド検知性能を発揮します。SFA30は、Sensirionの環境検知の経験と、乾燥防止技術を備えた特許取得済みの電気化学セルが長所であり、優れた長期安定性と6年間という卓越した耐用年数を提供します。搭載されている温湿度センサーは正確な測定値を提供し、完全に温度および湿度が補正され、工場で校正されたホルムアルデヒド濃度をppb(十億分率)で出力できます。デジタルUARTおよびI²Cインターフェースオプションから選択可能、標準電気コネクタ、および用途の広い取り付けオプションにより、信頼性の高いセンサーをアプリケーションにシンプルに統合するための完璧なソリューションをお客様に提供します。

「新しいホルムアルデヒドセンサーモジュールで性能、長期安定性、信頼性を向上させることで、既存の技術の問題に取り組むことができ、ホルムアルデヒド検知が簡単で信頼できるものになりました」Sensirionのガスセンサー製品管理ディレクターのNiculin Saratzはこう述べます。

新しいSFA30センサーモジュールは、Sensirionの流通ネットワークを通じて世界中で入手できます。さらに、Sensirionは、迅速かつ簡単なプロトタイピングのためのSEK-SFA30評価キットも提供します。SEK-SFA30には、PCへのプラグアンドプレイ接続とSensirionの使いやすいSEK-ControlCenterビューアソフトウェアによる評価用のUART-USBケーブルが付属しています。センサーをArduinoやRaspberryPiなどのプロトタイピングプラットフォームに接続するために、7ピンジャンパーワイヤーケーブルが用意されています。

メディアのダウンロード

すべてのSensirion高解像度製品画像は、当社のブランドハブで入手できます。

最新の更新