ニュースルーム

2020/04/01, プレスリリース

Delta ControlsがSensirion製セン サーを採用

環境センサーとフローセンサーソリューションの世界有数のプロバイダであるSensirionは、サーモスタットおよびO3センサーハブでのSensirionの環境センサー使用を希望するDelta Controlsとのパートナーシップを発表できることを嬉しく思います。

近年、空気質は、人々の生活、旅行、食事の仕方だけでなく、建物の設計方法にも影響を与える重要な問題になっています。最新の建物は、主に暖房設備に使用される自然資源を低減するために高いエネルギー効率の実現を目指しています。しかし、気密性の高い建物ほど、壁、屋根、窓、または小さな隙間を通した空気交換が少なくなり、屋内環境に必要な新鮮な空気が入る量が減少することがよくあります。その結果、気密性のある建物は断熱処理が過度に施されているために健康的な生活を送ることができず、熱だけでなく、人が長く留まることで放出されるCO₂の濃度も下がりにくくなります。室内の空気質をモニタリングすることで、空気中のCO₂濃度を制御し、換気を最適化することで、感覚刺激、認知能力の低下、シックハウス症候群などのCO₂高濃度に起因する症状を回避することができます。さらに、気密性の高い建物では、カビが発生するリスクを回避するために湿度レベルを制御することが不可欠です。

Delta Controlsはイノベーションと持続可能性に焦点を当てており、新しいデバイスでこれらの問題に対処しています。Delta Controlsは、30年以上にわたって業界のリーダーであり、建物に信頼性が高くユーザーフレンドリーな制御ソリューションを提供しています。室内にいる人の快適さや生産性を向上させるという方向性が、革新的なサーモスタットおよびセンサーヒューズ技術の開発につながり、SensirionのSCD30 CO₂センサーとSHTC3デジタル温湿度センサーを活用しつつ空気質の改善に大きく貢献しました。O3センサーハブは特に動体、音、光、湿度、温度を検出し、最も緊急性の高い消費者ニーズに最適な設計になっています。Delta Controlsは、eZNSサーモスタットを使用して建物の固有の要件を管理する柔軟性も提供し ます。

「効果的なコスト管理、および小さなフットプリントへの高精度検出技術のパッケージ化に優れたSensirionのおかげで、監視対象の状態を正確かつ高速でスマートにフィードバックできる豊富なセンサーを搭載したデバイスを設計できるようになりました」と、Delta Controlsの製品マネージャーであるGamal Mustaphasi氏は述べています。

環境検出の第一人者であるSensirionは、湿度、温度、二酸化炭素(CO₂)、粒子状物質、揮発性有機化合物(VOC)などの主要な環境パラメーターに関する詳細で信頼性の高いデータを提供する革新的なセンサーソリューションを提供します。SCD30は、IR検知のCMOSens®技術をベースにした、信頼できるCO₂、温湿度センサーであり、他社に負けない価格で高精度な二酸化炭素測定を可能にします。SHTC3デジタル温湿度センサーは、家庭用電化製品市場の要件を満たすために、サイズ、消費電力、および価格性能比に関する従来の制限を克服するように設計されています。

「Delta Controlsのデバイスは、当社の環境センサーに最適であり、オフィス環境での空気質のスマートな調整を可能にする正確な測定を提供します」Sensirion Inc.キーアカウントマネー ジャーのAce Perezは述べています。

メディアのダウンロード

すべてのSensirion高解像度製品画像は、当社のブランドハブで入手できます。

最新の更新