ニュースルーム

2021/05/03, プレスリリース

初の小型CO₂センサーが世界中で利用可能に

大幅な小型化を遂げたCO₂センサーが、代理店流通ネットワークを通じて世界中で利用可能になりましたことをお知らせします。旧世代と比較して、SCD4x CO₂センサーはサイズが7分の1まで小さくなり、既存の価値基準を打ち砕く多くの機能を提供します。

高濃度の二酸化炭素(CO₂)は人間の認知能力と健康を損ないます。新たなエネルギー基準とより優れた断熱材のおかげで、住宅のエネルギー効率は向上し続けています。しかし、人間の代謝により生成されるCO₂は急速に蓄積する可能性があります。そのため、CO₂は室内空気質の重要な指標です。室内のCO₂濃度を測定することで、最高のエネルギー効率かつ人に優しい方法で換気を管理するための、スマート換気システムが実現します。さらに、室内空気質モニターやその他の接続デバイスは、健康的で生産的な環境のために低CO2濃度を維持する役に立ちます。 SCD4xシリーズはSensirionの次世代小型CO₂センサーであり、比類のない価格対性能比と組み合わせた最小サイズの製品です。同シリーズは、SCD40およびSCD41 CO₂センサーで構成されています。どちらのセンサーも、光音響検出の原理とSensirionの特許取得済みPASens®とCMOSens®技術をベースに構築されており、比類のない小型センサーと高性能を組み合わせることができます。SCD40の測定精度は400~2000 ppmで±(50 ppm +読み取り値の5%)、SCD41の測定は4050000~ppmで±(40 ppm +読み取り値の5%)です。さらに、SCD41は低電力モードを備え、電力バジェットが限られる用途に最適です。

SMDの互換性と小型フットプリントにより、コスト面とスペース面で効率よく統合でき、機器メーカーの設計自由度が高まります。クラス最高の温湿度センサーを組み込むことで、優れたオンチップでの信号補正と追加の温湿度出力が可能になります。最後に、電源電圧範囲の広さ(2.4 V~5.5 V)、外部スストレスに対する高い堅牢性、および消費電力が調整可能という長所があり、SCD4xはさまざまな顧客のニーズに完全に適合します。

「パンデミックを体験したことで、我々は室内空気質の重要性を思い知りました。SCD4xは、サイズが小さく、費用対効果が高い価格設定で、組み立ても簡単なので、CO₂検出を新しいデバイスやアプリケーションのセットで利用できます。パンデミックを封じ込め、健康度を高める役に立つでしょう」と、SensirionのCO₂センサー製品マネージャーであるMarco Gyselはこう述べています。

SCD40およびSCD41センサーコンポーネントは、Sensirionの代理店流通ネットワークを通じて世界中で入手できます。

メディアのダウンロード

すべてのSensirion高解像度製品画像は、当社のブランドハブで入手できます。

最新の更新