ニュースルーム

2021/09/20, プレスリリース

センシリオンが機械診断の新興企業AiSightを買収

Sensirion Holding AGが、拡張性が高くて使いやすい機械診断ソリューションの革新的なサプライヤーAiSight GmbHの買収を完了しました。AiSightによって、メーカー企業は予期せぬダウンタイムを低減し、生産処理品質を最適化できます。

この取引によって、センシリオンは今年3月のキャピタルマーケットデーに発表した当社の戦略的焦点の1つである、長期成長を見据えた技術開発の革新的な道筋に従って歩み続けていきます。AiSightとの協力を通じて、当社は2つの面で第1歩を踏み出しました。1つ目はコンポーネントおよびモジュールからソリューションへ、2つ目は環境センシングおよびフローセンシングから振動センシングへの製品ポートフォリオの拡大です。

ベルリンを拠点として2018年に創業されたAiSightには19名の従業員がおり、製造業界に対して拡張性が高くて使いやすい機械診断ソリューションを提供しています。AiSightの製品を使用すれば、機械の予期せぬダウンタイムを回避し、メンテナンスを最適化して設備効率の可視性を向上する上で役立ちます。AiSightは、高性能の検出技術を人工知能によるデータ分析と組み合わせて、明らかに優れた利点を持つ高性能で扱いやすい自動化条件監視と予測メンテナンスソリューションを生み出しました。

また、AiSightとSensirionは、センサー開発から一貫したソリューションとサービスまでのバリューチェーン全体をカバーしています。クラウド技術、データ分析、人工知能におけるAiSightのノウハウが、検出技術、ハードウェア開発、製造ノウハウにおけるセンシリオンの専門知識と、事業間の産業顧客ベースをうまく補完しているのです。AiSightとセンシリオンが協力することで、将来的には幅広い設備や用途に高性能で扱いやすい機械診断を使用できるようになります。

ベルリンにあるAiSightの拠点はさらに強化され、機械診断と人工知能の研究拠点となり、継続して現在の創業チームの管理下に置かれます。AiSightの共同創業者兼CEOのMatthias Auf der Mauer氏は次のようにコメントしています。「私は今回の取引を大変喜ばしいことだと考えています。センシリオンとともに、センサーから一貫した機械診断ソリューションまでのバリューチェーン全体をカバーすることで、製品の価値が大きく向上します。」そして、共同創業者兼CCOのMaximilian von Düring氏は付け加えます。「今回の件は素晴らしい機会であると考えており、これで我々は成長路線に従って迅速に前進していくことができるでしょう。」

「センシリオンは今回の協力関係に期待しており、あらゆる方向でのSensirionの長期成長戦略を支えるものとなります。当社はAiSightの全従業員を温かく迎え入れます。」と、センシリオンのCEOのMarc von Waldkirchは述べています。

メディアのダウンロード

すべてのSensirion高解像度製品画像は、当社のブランドハブで入手できます。

最新の更新