SPS30

空調設備/空気質アプリケーション用PM2.5センサーSPS30

仕様

粒子状物質
質量濃度精度
±10
±10 %
質量濃度範囲
0 - 1000
0 - 1000 μg/m³
寿命
> 10
> 10 years
粒子径範囲
PM1.0, PM2.5, PM4 and PM10
PM1.0, PM2.5, PM4 and PM10
Generic
供給電圧
4.5 - 5.5
4.5 - 5.5 V
平均供給電流
55000
55000 uA
最大供給電流
80000
80000 uA
インターフェイス
I²C, UART
I²C,UART
サイズ (LxWxH)
41 x 41 x 12
41 x 41 x 12 mm³

技術ダウンロード

名称 種類 日付 ファイル名 サイズ
Sensor specification statement Particulate Matter Sensors

03/2020

ファイル

444.4 KB

アプリケーションノート 03/2020 PDF 444.4 KB
SPS30 product flyer japanese

03/2023

ファイル

751.5 KB

フライヤー 03/2023 PDF 751.5 KB
Datasheet SPS30

07/2023

ファイル

871.7 KB

データシート 07/2023 PDF 871.7 KB
Low power mode SPS30

08/2020

ファイル

420.8 KB

ユーザーガイド 08/2020 PDF 420.8 KB
Mechanical design and assembly guidelines SPS30

01/2019

ファイル

810.6 KB

ユーザーガイド 01/2019 PDF 810.6 KB
Arduino driver SPS30

10/2021

Link

-

ソフトウェア 10/2021 リンク -
Embedded drivers SPS30

10/2021

Link

-

ソフトウェア 10/2021 リンク -
SEK-ControlCenter (all devices)

10/2021

Link

-

ソフトウェア 10/2021 リンク -
STEP file SPS30

10/2021

ファイル

1.5 MB

Drawings/CAD 10/2021 ZIP 1.5 MB
MCERTS certificate 2020 SPS30

04/2021

ファイル

757.3 KB

証明書 04/2021 PDF 757.3 KB
SPS30 product flyer

07/2021

ファイル

258.0 KB

フライヤー 07/2021 PDF 258.0 KB

センサーの評価

このセンサーを評価するために、以下の製品を購入します。

名称 説明 シリーズ カテゴリ
SEK-SPS30
粒子状物質センサー評価キットSPS30 SEK-SPSxx 粒子状物質

各ビューワーソフトをダウンロードして、測定を開始します

ダウンロードセンターへ

評価キットでセンサーのテストが簡単に始められます

開始までの流れ

最新情報 粒子状物質 センサー

今後の

SEN68

SEN68 | PM、RH/T、VOC、NOx、HCHO測定用のセンシングプラットフォーム

  • センサー
  • 粒子状物質
今後の

SEN66

SEN66 | PM、RH/T、VOC、NOx、CO2測定用のセンシングプラットフォーム

  • センサー
  • 粒子状物質
今後の

SEN65

SEN65 | PM、RH/T、VOC、NOx測定用のセンシングプラットフォーム

  • センサー
  • 粒子状物質
今後の

SEN60

SEN60 | PM測定用のセンシングプラットフォーム

  • センサー
  • 粒子状物質
portfolio.Active

SEN5x jumper wire

SEN5x ジャンパーワイヤー (6-pin JST GHR-06V-S) セット

  • アクセサリー
  • 粒子状物質
portfolio.Active

SEN50

粒子状物質測定用環境センサノード

  • センサー
  • 粒子状物質
portfolio.Active

SEK-SEN5x

評価キット SEN5x シリーズ

  • 評価キット
  • 粒子状物質

アプリケーション用のスマートセンサー

センシリオンのセンサーソリューションは、幅広いアプリケーションと市場で使用されています。当社の信頼性の高い環境センサーとフローセンサーは、エネルギー効率を改善し、健康を増進し、安全性と快適性を確保します。