発熱量: マルチガス時代の料金測定

図 1 QMicro(センシリオン)で作成された図のようなガスクロマトグラフは、クラスAまたはBの精度でガスの発熱量を正確に測定する上で信頼できます。この特定のクラスAモデルは、天然ガスと水素の混合物に対して動作します。
図2 水素とバイオメタンの注入ポイントが存在する場合、都市全体に分布するガスの発熱量は大幅に変動する可能性があります。
図3 センシリオン製の熱式質量ガスメーターモジュールは、コンパクトで費用対効果の高いスマートガスメーターを構築するために使用されています。
図 4a): Sensirion モジュールの出力に基づく、天然ガス中の発熱量測定の測定精度
図 4b): Sensirion モジュールの出力に基づく、天然ガス中の発熱量測定の精度のシミュレート
図4c): 超音波センサーのシミュレーション精度と理想的な温度・圧力補正との比較
図5 センシリオン製モジュールの出力に基づいた、最大30%の水素を含むLNGガスの発熱量測定のシミュレーション精度。
図6a): 30%までの水素を含む天然ガスの発熱量測定精度のシミュレーションとMEMSセンサー
図6b): 30%までの水素を含む天然ガスの発熱量測定精度のシミュレーションと光学センサー

Related sensors

portfolio.Active

SGM6300

  • センサー
今後の

SGM6400

  • センサー
portfolio.Active

SDP800-125Pa

  • センサー
portfolio.Active

SDP800-500Pa

  • センサー
portfolio.Active

SDPxxx cap

  • アクセサリー

DynamiQ-X

Qmicro by Sensirion

DynamiQ-X

Compact Ex certified process GC analyzer – the micro-gas chromatograph is designed for continuous gas mixture monitoring in industrial process and factory automation applications.