燃焼制御

水素ボイラー用に燃焼を最適化

H₂ /天然ガス混合物中の水素濃度の測定

燃料ラインにコンパクトなセンサーモジュールを直接設置。センサー信号を使用して燃焼プロセスを調整し、ボイラーを常に最適な容量で稼働させることができます。

H₂対応

燃焼プロセスを監視するためにイオン化ノードに依存するアプローチでは、100%のH₂で動作するユニットで機能しなくなっています。Sensirionセンサーソリューションは、空気と水素の供給、H₂ /空気の混合比をモニタリングします。

水素からのエネルギー

現在の世界のトレンドは、気候の中立、サステナビリティ、そしてCO₂排出量の削減です。エネルギー産業はCO₂の排出に大きく関わっているため、結果として、この業界における脱炭素化への取り組みが重要な役割を果たします。現在、有望視されている戦略は、バイオガスや持続可能な方法で製造された水素ガスなどの再生可能ガスを利用すること、あるいは、再生可能ガスを天然ガスと混合して使用することです。

関連センサー

portfolio.Active

SDP810-500Pa

  • センサー
  • 微差圧
portfolio.Active

SDP37

  • センサー
  • 微差圧
portfolio.Active

SGM6300

  • センサー
  • ガス計量ソリューション