冷媒漏れの検出

トータルコストは最小限に抑え安全性を最大限に実現。

信頼性の高い

誤報が頻発すると、運用が中断され、エンドユーザーの経費負担が増加します。SGD4xは、ほこりなどの影響を受けることなく、メンテナンスフリーで15年以上の耐用年数を提供します。

実証済み

センシリオンは、さまざまな市場向けの熱伝導率センサーの開発、小型化、および大量生産に 20 年以上のノウハウがあります。SGD4x は、最も過酷な環境でも、高速応答時間と長期にわたる安定した測定を保証します。

シンプル

センシリオンの A2L ソリューションはコストとパフォーマンス用に最適化されています。確立された熱伝導率の原理を基礎に置く センシリオンのエレガントな設計により、再現性のある測定を提供し、可動部品がなく、さらなる小型化とコスト削減への道を切り開きます。

A2L・A3冷媒センサー

当社のコンパクトなセンサー素子は、お客様のアプリケーションに柔軟性をもたらし、当社の技術は製品寿命全体にわたって高い信頼性を保証します。最大限の安全性と最小限の所有コストを可能にします。

数百万の現場で使われている熱伝導率ベースのセンサー

ビルオートメーション分野の主要サプライヤーは長年に渡ってセンシリオン の非常に正確で信頼性の高いエアーフローセンサーをご利用頂いております。

関連センサー

portfolio.Active

STC31

  • センサー
  • CO₂
portfolio.Active 7

SHT4x

portfolio.Active 2

SGP4x

portfolio.Active 3

SEN5x

専門記事

市場の冷媒漏れ検知のトレンド

環境への影響を低減するため、近年では多くの一般的な冷媒の使用が制限されています。暖房、換気、空調、および冷凍(HVACR; Heating, Ventilation, Air Conditioning, and Refrigeration)業界では、冷媒を慎重に選択する必要性が高まっており、広く使用されているハイドロフルオロカーボン(HFC)を減らし、地球温暖化係数(GWP)の低い冷媒が採用されています。

トレンドトピック

室内空気質

近年、健康的な生活を大切にする多くの人々の間で、クリーンな空気に対する需要が新たに生まれています。空気質に関しては、きれいな空気を望む人の大半は、当然のことながら大気汚染を心配していますが、室内の空気汚染を忘れがちです。