フィルタモニタリング

フィルタの交換時期の最適化

正確なフィルター監視と分析

微差圧センサーはフィルター全体の圧力降下を監視し、フィルターを交換する必要があるタイミングを示します。適時フィルター交換は、エネルギー消費だけでなく、摩耗とシステム全体の故障の可能性を低減します。

交換用フィルターの購入意欲の促進

フィルターの寿命は動作時間と平均大気汚染レベルによって依存します。これは個体差が非常にあるので、顧客は時々交換間隔を無視します。センサーを用いたフィルターアラームは交換費用を最適化します。

理想的な交換タイミングによるコスト最適化

フィルターを適切なタイミングで交換すると、フィルターのパフォーマンスを最適化でき、エネルギーコストとフィルター交換コストを同時に削減できます。

室内の空気安全の向上

手入れの行き届いた空気ろ過システムにより室内空気中の粒子数が少なくなり、空気中のウイルスや細菌感染のリスクが最小限に抑えられます。これにより、室内の空気の安全性が高まり病気の発生を減らすことができます。

実証済みの微差圧センサー技術

センシリオンセンサーソリューションはフィルター監視アプリケーション、ビルサービス、空気清浄機などの空気処理装置に世界中で使用されています。

継続的に最適化された測定方法

センシリオンは、世界中の全ての空気浄化セグメントで信頼性の高いフィルター監視を可能にできる、新しい費用対効果の高い革新的な測定方法を継続的に研究しています。

関連センサー

portfolio.Active 5

SDP3x

portfolio.Active 12

SDP8xx

portfolio.Active 3

SEN5x

portfolio.Active

SPS30

  • センサー
  • 粒子状物質
トレンドトピック

室内空気質

近年、健康的な生活を大切にする多くの人々の間で、クリーンな空気に対する需要が新たに生まれています。空気質に関しては、きれいな空気を望む人の大半は、当然のことながら大気汚染を心配していますが、室内の空気汚染を忘れがちです。

スペシャリスト記事

明日を築くテクノロジー:HVACマクロトレンド

未来の暮らしはどう変わるのか?これは、人類が常に思い描き、答えを出そうと努めてきた質問です。