バッテリーエネルギー貯蔵システム

故障や漏電の早期検出で、エネルギー貯蔵システムの安全性を確保

柔軟性と再生可能エネルギーを実現するESS

定置型エネルギー貯蔵システムは、柔軟性の提供と再生可能エネルギーを利用する点においては、最前線に位置しています。しかし、そうしたシステムにはリチウムイオン電池が内蔵されています。リチウムイオン電池の主なリスクは熱暴走であり、火災やその結果として高価な設備の損失につながる恐れがあります。

熱暴走と火災の検出

広範な研究により、ガスセンサーが熱暴走を早期に検出できることが実証されています。実用規模のシステムでは、セルやバッテリーモジュールにおける熱暴走の早期検出を行うことで、コンテナ全体の炎上を防ぎ、事故の経済的影響を大幅に軽減できます。

効率の向上とコストの削減

ガスセンサーの作動により異常が検出されシステムが停止されると、BESSの管理者やオペレーターはシステム復旧に向けた必要な是正措置 (欠陥のあるバッテリーモジュールの交換など) を熱暴走や火災を経験したシステムよりも迅速に実行できます。

センシリオンがソリューションにどの様に貢献しているかご覧ください。

バッテリーエネルギー貯蔵システムにおける故障モードの検出

センシリオンのセンサーは、電気分解、電解液漏れ、初期通気、ガス放出、および熱暴走を検出することができます。

さまざまな固定式アプリケーションでの使用

ガスセンサーは、住宅、C&I、そして実用規模エネルギー貯蔵での利用が可能です。

バッテリーモジュール、ラック、システムレベルでの配置

センシリオンのセンサーは、バッテリーモジュール、ラック、またはシステムレベルで配置可能です。

センサーエキスパートへ問い合わせる

センサーエキスパートへ問い合わせる

Albertoがお客様からのご連絡をお待ちしています。